イベント|お知らせコーナー

2017年9月24日ビハインド・ザ・コーヴ上映会

2010年、日本のイルカ漁を題材にした映画「ザ・コーヴ」が公開され、和歌山県太地町の伝統のイルカ漁が世界的に批判を浴びました。

捕鯨は日本だけではなく、過去を遡れば世界中が行っており、乱獲したおかげでクジラ類は絶滅の危機に瀕した時もありました。

しかし日本は過去も現在も、乱獲するほどの漁はしておらず、国際条約で決められた量の捕獲を行ってい るに過ぎません。

また現在も日本だけでなく多くの国々で捕鯨は行われているのです。ではなぜ日本だけが批判の的になるのでしょうか?

>>続きの文章、詳細はコチラからです。


2017年10月予定|日本をもっと好きになろう!

今の日本、どこかギスギスしていると思いませんか?

身近なところでは親子で確執があったり、ご近所で争いが絶えなかったり・・・。
自分を中心として物事を考え、家族や地域と言った協調が必要な共同体がいま、崩されようとしています。

しかし日本は、国家が成立して今年で2677年を迎える世界一長く続く国家です。歴史上もっとも古い国家であり一度も破綻する事のなかった日本。その日本の国を守り伝えてきた私たちの祖先は、本当に今のように自分を中心とした考え方で過ごしてきたのでしょうか?

だとするならば、自身の我欲に狂わされ、争いが絶え間なく続き、国家は何度も破綻して来た歴史を迎えて来ているはずなんです。

ではどうして世界で一番長く続く国家の国民でありながらも、現在の日本人は自分中心の考え方になってしまったのか?もし今の私たちに与えられている情報や教育が間違ったものを与えられてきたとしたら・・・。

>>続きの文章、詳細はコチラからです。